DUCATIスポクラ「ポールスマート」の空冷2気筒エンジンは、サーキットでも楽しめるのか?21年ぶりにリターンした”元峠小僧”。 知識とテクニックが乏しい“オッサン”と”PS”の成長を中心に、日々の出来事をつづっていきます。

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトムシ - 2010.08.01 Sun

最近、さときちが、「パパァ!カブトムシ取りに行こぅ!」と一日一回は言うようになってきた。ハーメくんもその言葉を聞くと、「今から行こか!」とテンションが上がる。

夏休みに入ると子供にとって、カブトムシと言う響きは非常に魅力的らしい・・・。
西宮市でも海に近い武庫川のそばで育ったハーメパパは、ギンヤンマ、オニヤンマ、ミズカマキリ、タイコウチなどの昆虫を夢中になって追いかけて夏休みをすごしていました。
残念ながら山までは遠くカブトムシやクワガタムシを捕まえられなかったので、当時はペットショップで買ってもらったカブトムシやクワガタムシが宝物でした。

3年前にハーメくんのお友達のモモちゃんパパに、カブトムシの取れるスポットを教えてもらってから、年に2~3回は出かけるようになりました。日によって取れる数にバラツキはあるものの、5~10数匹は捕まえることが出来ます。たくさん捕れるので、お友達や近所の子供達にプレゼントして喜んでもらっていました。

本日は、夕方6:30に家を出発!
車で20分程走るとスポットに到着。手頃な距離でカブト取りが楽しめます。

カブト取り前

着いてから5分程で、ミヤマクワガタを木の根もとで見つけゲット!幸先のいいスタートで、ハーメくんもさときちもテンションがUPガキ 笑顔

今日も期待出来るかも!ハーメパパもテンションUP!!

しかし、今までは暗くなってからブ~ンと大きな羽音を轟かせカブトムシが飛んで来るのだが、今回は少し様子が違う!?
樹液の出方も少なく、カブトムシが良く集まっていた木が倒れていた・・・。

メインの木が5本程あるのだが、懐中電灯で照らしながら往復をする繰り返すと、ノコギリクワガタ(コクワ並の大きさ)とヒラタクワガタをゲット!カブトが取れないなぁと思っていると、他の家族連れもやって来て同じように行ったり来たり・・・。
その家族から歓声がでて、どうも大きなカブトムシ♂を捕まえたらしい。

ハーメくんは悔しかったようで、「パパぁ!クワガタムシのほうが珍しいしええやんなぁ!」と相手の家族に聞こえるくらい大きな声で叫んだので、ハーメパパはメッチャ恥ずかしかったです。

その後すぐに、街灯に飛んで来て落ちたカブトムシ♂をハーメくんがゲット!その前に、樹液を吸いにきていたカブトムシを2匹連続でパパが下の草むらに落としてしまい逃がしていたので本日初ゲットのカブトムシに喜びもひとしおだった様子!

その後は、まったくカブトやクワガタの気配がない中ハーメくんと行ったり来たり・・・。
他の家族連れもいなくなり30分位たったころ、大きな虫取り網(直径80センチ位?)を肩にかついだファーブル先生のような30代後半の男性が「捕れますかぁ?」と声をかけてくれました。

あまり捕れないのでそろそろ帰ろうと思っていると話すと、「少し木の枝をゆすってみますから足元を懐中電灯で照らして、落ちてくる虫を見つけてください。」と虫取り網をグングン伸ばしたかと思うと、ガッサガサ枝をゆすって虫取りに協力してくれました。

IMG_0371.jpg
【懐中電灯で照らしながらカブトムシを探すファーブルさん】

でも、落ちてくるのは小枝と葉っぱだけ・・・。
ハーメくんと さときちが「いないねぇ。」と残念そうにしていると、ファーブルさんが自分の虫カゴにはいっていた。カブトムシの♂と♀のペアと、ミヤマクワガタを子供たちにくれました。
2人とも「ありがとう!!」と大喜び!

「ありがとうございます。せっかく捕られたのに いいんですか?」とお礼を言うと、「子供は寝ないといけない時間がありますけど、僕は何時まででも頑張れるから大丈夫ですよ。」と優しくおっしゃってくださりました。(感謝)

ファーブルさんにさよならをして、帰ることに。
車の中で、さときちは夢の中・・・。

IMG_0375.jpg

ハーメくんは、「今日は楽しかったなぁ!満足、満足、大満足やぁ!」と独り言をつぶやいていました。
家についてから、クワガタとカブトムシを飼育できる環境をつくりゼリーを入れてやりました。

IMG_0377.jpg最初にゲットしたミヤマクワガタ!結構立派なサイズ!】

IMG_0378.jpgなかなかレアなヒラタクワガタ。大事に育てたら越冬するらしい・・・。】

IMG_0389.jpg
【ケースに土を入れ飼育環境を作っている様子を見るハーメくん】

IMG_0387.jpg

IMG_0386.jpg【カブトムシも元気に動き回ってます。】


餌やりや霧吹きで乾燥しすぎないよう、面倒をみるのは子供たち。
明日からしっかり、お世話をするよう頼んだぞ!

スポンサーサイト

だめでした・・・ - 2010.07.28 Wed

昨日、保護したツバメが気になり朝4:30に目覚めました。
夏ですが、さすがに明るくなりかけの状態でまだ日は昇っていません。

昨夜も弱っていたので、少し明るくなるまで食いつきの良かった蝶々の幼虫でも探しにいくか!と、近所を散策に行ってきました。
少し歩くとイチジクや夏みかんの木があります。(よそ様の畑です)
道路沿いにある夏みかんの葉っぱにいる幼虫を注意深く探す事に・・・。知らない人が見たら果物泥棒に見えていたかも(笑)

ようやく3匹ほど捕まえた頃には5:30になっていました。
家に向かって歩いていると親ツバメが飛んでいるのを見かけ、心の中で「おたがい、早朝からお疲れさまやね!」と語りながら家に帰り着きました。

ツバメも腹を空かして待っているだろうと、ダンボウル箱に保温の為かけていたタオルを取ると、冷たく変わり果てた姿に・・・。

ピイピイ大きな口を開けて食事をねだる姿を思い浮かべていたので、もしかしてと言う気持ちもあったのですが、さすがに切ないですね・・・。
目覚てきた、ハーメくんとさときちに事情を説明すると2人とも少し泣きそうな顔をしていました・・・。
朝食を食べてから近所の花壇へ埋葬しに行ってきました。(その頃には、2人とも元気一杯でした。)

5月頃にハーメくんが友達4人で遊んでいた時、スズメのヒナが草むらで死んでいたことがあったそうです。
その亡骸を誰が言うでもなく、穴を掘って埋葬してやったことがあった事をその時はじめて聞きました。

子供たちが、死をどのようにとらえているか分かりませんが、少しでも生き物への思いやりや優しさを育んでくれればと思います。


ツバメを保護 - 2010.07.27 Tue

仕事が急に忙しくなり、久々の更新です。
と言っても、今日も仕事に行っていたのですが・・・。

仕事で西宮の山口町という所へ行っていっていたのですが、団地の集合ポストの下に、ワタボコリの固まりがあるのにフッと目が行きました。

ゴミが固まって汚いなぁと思い通りすぎようと視線を外す瞬間、ワタボコリの動きに違和感を感じました。
ん???

ツバメのヒナ!!

死んでいるのかな?と、よく見るとかすかに動いている。
このままにしておくと確実に死んでしまうおろおろ

巣に戻してやらなければ・・・と、ポストの上や庇の下などを見回すが、巣が見当たらない!
歩いたり飛んだりできる程、成長したヒナではないので近くに巣があるはず・・・。

うろうろ辺りを探すと、ヒナが落ちていた5階部分の吹き抜けにツバメの巣が2つ並んでいるのを発見!
しかし、脚立があっても届く高さではない・・・

戻してやりたいのに戻せない泣き

しばらく考える。このままにしていては、必ずこのヒナは死んでしまう・・・
もし、死んでしまうにしても保護してやれば少しでも生きる可能性があるのではないだろうか?と、思いママに電話
パパ:「もしもし、今までにツバメを育てた事とかある?」
ママ:「スズメはあるけど・・・」
パパ:「メッチャ弱ってるヒナが落ちてて、巣にも戻されへんねん。連れて帰るから受け入れ態勢を取っておいてください!」
ママ:「わかった!どの位で帰ってくる?」
パパ:「1時間後くらい・・・かな?」

仕事を途中で抜け、自宅へGO!
ツバメをママに預け、ハーメパパは仕事へすぐ戻りました。

ツバメ初日1 ツバメ初日2


家に戻ると、ツバメは眠っている様子。
ママとハーメくん、さときちの3人でエサになる虫を取りに行ったそうで、虫かごにバッタがいっぱい入っていました。家の近くの駐車場の草むらにバッタ大国があるそうです。


バッタは一匹だけ食べただけで、後は、ママの大好きな蝶の幼虫を泣く泣く1匹捕まえてあたえたのと、卵白と蜂蜜を混ぜた練り餌を作って食べさせたそうです。
元気になって仲間たちと旅だってくれればいいのですが・・・。

まずは、明日の朝が無事迎えられるか心配ですが、頑張れツバメくん!

ツバメの育て方に詳しい方、どなたかアドバイスをお願い致します。

法事に行ってきました。 - 2010.06.27 Sun

バーちゃんの33回忌とヒイバーちゃんの50回忌をかねた法事に行ってきました。
場所は、バーちゃんの葬儀をしたお寺です。

ハーメパパは10歳の時に一回だけ行った事があるだけなので、まったく覚えていない。
かすかに残っている記憶は、昔ながらのおばけが出そうな雰囲気のお寺だったなぁ・・・。
ぐらいのイメージ。たしかトイレに行くのが怖くて親戚のお姉さんについてきてもらっていたと思う。

そんなお寺も阪神淡路大震災で、倒壊したらしく建替えられていた。

中に入ると、  なんて豪華なんだぁ!


おばけが出そうな雰囲気は全くない!!
例えると、少し高級な和風旅館か料亭のような雰囲気・・・おろおろ

毎回、お寺や神社に行くと思うことだが、坊主丸儲け!」
信心深い方には、お叱りをいただくと思いますが、
高級車を乗り回し、子だくさん、贅沢から糖尿病になりかけているような住職さんが多いように感じます。

信仰もないので法事や厄よけ 宮参りなどに行くと、
人の集まり方や参拝料、お布施、祈祷料×人数=売上 と見てしまい、短時間で何十万円や何百万円も売り上げる なんともうらやましい商売だなぁ・・・と考える事が多くなってきました。(しかも、仕入れや原価はほとんどかからない 粗利率は何パーセントなんだろう?)

法事を行ったお寺は、かなり業績がよさそう・・・きっと儲かってるんだろうなぁ・・・。
手を合わせながらそんな事を考えていると あっという間に法事は終了。

「あんまり、坊主丸儲けとか言ってるとそのうちバチがあたるよ」とママに脅されましたが、今のところ
バチは当たって無いで~す


ホタル鑑賞 - 2010.06.19 Sat

梅雨らしい天候がつづく。
ハーメパパは、土曜日だがお仕事を頑張ってきました。

帰宅途中、雨が降りそうも無かったので「ホタルを観に行こう!」と突然ママに電話を入れる。
その辺はママも心得ているらしく、普通に話がすすんでいく。(ハーメパパの仕事は休みが不規則なので、突然のお出かけをする事も多いのです・・・。)

毎年、ホタルを観に行くのは、自宅から車で約1時間程の場所。
川に沿って歩道が整っており、街灯が無いのでホタルの光がよく観えるんです。目が慣れるまで真っ暗闇なので、子供が安全に楽しめるのがこの場所の決めて!

せっかくなので、ホタルの乱舞する写真を撮影しようと、カメラ&三脚を車に積み込む。
子供たちは百均の、かなり使い込んだ虫かごを準備。

_MG_0013.jpg

約1時間で現地に到着。
毎年1回のホタル鑑賞が、我が家の恒例行事となっているので、ハーメくんは6回目、さときちは3回目。
ハーメくんは良く覚えているが、さときちは去年のことを全く覚えていない。ホタルを観たことないと言う。
2歳の時の記憶ってそんなもんかなぁ・・・。今年のことは、覚えておいてくれ!

車を降りて歩道を歩いていくと、ホタルが飛んでいるのが見える!
子供たちのテンションが上がるガキ 笑顔
そして、ホタルを追いかける!

ママのテンションも上がる。
そして、ホタルハンターになる!!

親子揃って、素手でホタルをつぎつぎゲットして虫かごにいれていく・・・。
君たちは、この幻想的な光の風景をもう少し 楽しめないのかい?

ハーメパパはホタルの乱舞が撮影できると思っていたが、時期的に少し遅かったのかホタルの数が例年と比べて少ない・・・残念。とりあえず撮影してみる。

ホタル1

_MG_0138.jpg

ホタル2

ホタルの撮影で注意しないといけないのは、絶対にフラッシュの使用はNGです!フラッシュの強い光がホタルの繁殖行為に悪影響を及ぼすそうです。ホタルを観に行くときは注意して下さいね。

途中真っ暗で人通りもない場所なので、ハーメくんが「何か怖いぃ~・・・。」とビビっていたが、さときちは、「ホタルってスゴイなぁ!」「ほんまスゴイなぁ!」と感動していた。
あの光は本当に不思議な明かりで、毎年 癒されて優しい気持ちになれるんですよね・・・。

_MG_0148.jpg

_MG_0150.jpg

帰る前に虫かごから、ホタルを逃がしてやるのですが、さときちが、家に持って帰るぅ!と、ぐずるか心配だったのですが・・・。

「バイバイ、ホタルぅ~!まったねぇ~!」とあっさり手を振ってお別れすることができました。
ホタルにとって、この場所がベストだと無意識に感じたのかな?(おりこうさんだったね!)

ハーメくんや さときちが、結婚して生まれてくる子供(孫)にも この風景を見せてあげたいと思う 少し気の早い ハーメパパなのでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

はじめまして、ハーメパパです。

玄関1

プロフィール

ハーメパパ

Author:ハーメパパ
ハーメパパの自己紹介
兵庫県在住、1966年生まれのオヤジ。
DUCATI「ポールスマート1000LE」に一目惚れ、21年のブランクを経て戻ってきました!(^^)v
街中を走って楽しいポールスマートの空冷2気筒エンジンは、サーキットでも楽しめるのか?
2011年の4月にサーキットデビューをした”PS”と”オッサン”の成長記録。

取り立てて自慢できるものはありませんが、カードゲームから釣り、バイク、マンガ、DIYなど、インドアからアウトドアまで幅広いジャンルを広く浅く楽しみます。

長男「ハーメくん」、次男「サトキチ」、「ママ」の4人家族♪

お天気

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

バイク (156)
家族 (8)
家 (5)
その他 (7)
未分類 (0)

ポチッと押して元気を下さい。

ポチッと、やる気をください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。