DUCATIスポクラ「ポールスマート」の空冷2気筒エンジンは、サーキットでも楽しめるのか?21年ぶりにリターンした”元峠小僧”。 知識とテクニックが乏しい“オッサン”と”PS”の成長を中心に、日々の出来事をつづっていきます。

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが・・・。 - 2013.04.15 Mon

こんちはぁ!ハーメパパです。

またまたブログさぼってました・・・
今更ながらのネタですが、大阪モーターサイクルショーにアーツクラフトさん&トミートイズデザインさんの協力のもと完成した公道バージョンの相棒”ポールスマート”を展示させていただきました。
_MG_6498.jpg


今回は、カスタムワールドというコーナーで、バイク情報TV番組、Like a wind(ライク ア ウインド)で収録される第10回 愛車自慢B1グランプリにエントリーしております。
_MG_6568.jpg


15日、16日に来場されたお客様に自分が一番好きなカスタムバイクを投票してもらいます。2日間の投票結果をもとに上位10台が決められ、17日のメインステージで行われるTVの収録内で、審査員の方々に評価を受け優勝を決めるというものです。


今回大きなカスタムイメージとして 「ベベル時代のレーサーのスタイリッシュなイメージ」と、走行性能に対するアプローチとして「公道を走行する事が前提の安定性と快適性・操作性の実現」の2つをテーマに掲げました。
_MG_6446.jpg


実際の作業については、よりクラシックなデザインを推し進める為に意図的にリア車高を下げ、フレームの持つ直線的なイメージをより地面に平行な状態に近づけています。(ホリゾンタルラインを意識)本来設定されている車体の設定数値を変えるため後々、様々な補正作業が必要になってきますが全体の包括的なイメージをまとめる為に絶対必要になってくるモディファイですのであえて手を加えました。


具体的には、より安定的な作動の確保の為、あえて片持ちシングルのリアサスぺンションとスイングアームをGT1000のスイングアームに換装し二本サスへ変更、さらにレイダウンキットを装着することで、初期加重にリニアに対応する角度にしてあります。またスイングアームの色を純正塗色とし、2本サスを採用したことによる視覚的効果でクラシック感もより演出。

リア車高を下げる事でフロントフォークのキャスター角が純正値より寝る方向で変化します。
こちらに対してはキャスターに伴って増加したトレール量の補正のためワンオフにてオフセット数値を設定したステムを使用し自然なハンドリングを実現しました。
さらにワンオフ制作したフラットなトップブリッジと垂れ角を可変できるハンドルを組み合わせ乗車ポジションの改善を目的にハンドル位置を若干上方へ移動しています。
_MG_6420.jpg

また前後サスペンションに、ナイトロンのアジャスタブル可能の製品を採用し、さらに細かな対応とセッティングか可能になっています。またフロントフォークを正立タイプ・リアサスペンションを倒立使用(コーションラベルを逆向きに貼りなおしてあります。)することでクラシック感の演出にも一役買っています。

マフラーは「スパジアリのレーサーをイメージした左右二本出し」。ベベルのエンジンは排気口の向きが前後バンクとも前方向きなのに対し、1000DSのエンジンを基本とするポールスマートのエンジンはリアバンクの排気口が後方となるので、前後気筒の管長をほぼ同等に設定するため左側のマフラーはかなりとぐろを巻いた形になっています。(実際は前後の排気効率の差異に対応するため若干長さは異なっております。)

_MG_6399.jpg

_MG_6432.jpg

_MG_6397.jpg

またマテリアルは音質へのこだわりからあえてスチールを選択。
     
全体の外装は、シートをエンデューロレーサーをイメージしたものをシートベースごとワンオフ製作。アッパーカウルはFRP製のカップエディション用をベースにシルエットをよりスリムなイメージを演出するよう各部モディファイし使用しています。メーターステーを兼ねたアッパーカウルステーはライトステーも含めてアルミ製のカップエディション用をモディファイし使用しています。メーターは現在データ収集のためデータロガーを装着していますが本格的に公道使用する際はメーターパネルをブラック基調にワンオフした純正を装着予定です。

ホイルは現在マルケジーニを使用中。ワイヤースポークタイプの製品に換装予定です。
     
フロントブレーキはブレンボ4ポッド65mmピッチをナイトロンに合わせて、ワンオフ制作したサポートにて使用。ブレーキシステムは全体のマッチングから考えても同種メーカーが好ましいためマスターシリンダーもブレンボの可変レシオタイプを選択しています。
    
フロントディスクローターはサンスター製320mmのフローティングピンをウェーブタイプに換装しインナーをブラックアルマイトで塗装。
_MG_6442.jpg


アンダートレーはリトモセレーノ製をマット塗装のうえワンオフステーにて装着、位置は出来る限りエンジンに近づけ装着。
_MG_6412.jpg

塗装は、純正カラーのシルバーをあえてマット仕上げにしています。マット塗装を軸にライン・チェッカーなどできうる限りスリム・コンパクトに見えるよう配慮しています。特にマット塗装は近年流行の手法で、派手にせずに高級感を演出できる大人向けの手法です。またタンクについてはビルトインタイプの燃料キャップにスペーサーを用いて10mm程度取り付け位置をアップしクラシック感を演出。
_MG_6408.jpg

クラシック感を意識して、ベスパ風バーエンドウインカーを採用し、後部ウインカーをACTIVEのナンバープレートウィンカーを配置することでイタリア車を意識してみました。タイミングベルトカバーはリゾマ製のスケルトンタイプ・クラッチカバーは、スクーデリア製を使用しています。
_MG_6403.jpg


全体の色彩配置はブラック・シルバーを基調とし、フェンダー・シートサイドのアルミ叩き出し部品をバフ処理・ライトケース、フューエルキャップ、テールランプをメッキ・マフラーのヒートガードをステンレスバフ処理・ブラックの部品もマテリアル・配置に対し艶あり塗装・艶無し塗装・アルマイト処理等、細かく変更し質感の向上を意識しています。
_MG_6437.jpg


最終的に、色彩のバランスはクラシックなイギリス風を意識したカフェレーサーな佇まいを演出しつつ、クラシックイタリアンテイストの形状・配置を盛り込んだカスタムになりました。全体的に車高も下がり身長165cmの私で、片足なら踵までべったり 安心して街乗り出来るようになりました。やっぱり乗りやすいのが1番です!!
     
今回お世話になった アーツクラフトさんが、同形状のマフラーの要望が多ければ商品化して販売する計画もあるそうなので、スポクラシリーズに乗られている方は要チェックですよ(^^)
ポールスマートの取り回しは、モノサスに合わせて若干変わりそうですがご興味の有る方はお問い合わせしてみてください。http://www.artzcraft.net/

で、B1グランプリの結果ですは、ライク ア ウインドさんでまだ放映中の為テレビで観ていただくか、下記のアドレスで過去の放送から観て下さいね♪

http://www.likeawind.jp/#/1ch/Movie1328




?????????????????????????????????_convert_20120205102225ご協力ありがとうございます!




スポンサーサイト

● COMMENT ●

素晴らしい!

実は知人のブログで一足先に拝見させていただきました!
素晴らしい出来栄えですね。『Like A Wind』はこちらでは見られませんが、
記事中のURLから拝見させていただきました。
前回記事でいただいた返信通りの、絶妙なブレンド加減がたまりませんね。
マット塗装とかしっかりトレンドも抑えてあるし、パーツ選択といい全体のバランスといい、
いやはやおみそれしました。
ここまでハイレベルなバランスで仕上げられたカスタムはそうはないはず。
テレビ出演も果たし、これは一生の思い出になりますね。

やはり素晴らしい!

ひとつひとのコダワリと全体のコンセプトマッチが「凄い!」のひとことに尽きます。
「いったいいくらかかったんだろう…」というのは僕のような庶民の感想ですが、「ディメンジョンの変化でどんな操作フィーリングなんだろう?」とも思います。

以前、ネモケンさんがフロントを18インチにされていて、いいな、と思ったことがありますが、軽快感を出すためにタイヤサイズを次回はワンサイズ落としてもいいかも知れませんね。

実写を拝見できること、楽しみにしています。

Re: 素晴らしい!

vyrus_empireさん

ありがとうございます!
マット塗装は、正直少し不安な部分もあったのですが結果は大正解でした!(グレーっぽくなる不安があったのですが・・・)想像以上に良い色になりました。

ぼちぼち車検から戻ってくる予定なので、乗り味などもブログでアップしていきますね。
もう少し更新できるよう頑張りますので これからも宜しくお願いします。(^^;

Re: やはり素晴らしい!

風さん
ありがとうございます。
車検が切れていたので、まだ乗り味は確認できていません(^^;

5ミリ フォークオフセットしたことで若干トレール量が小さくなり、取り回しは軽くなった感じがします。
乗りやすく細かいセッティングはこれから必用だと思いますがボチボチやって行きます。
ミーティングには連れて行きますので、よろしくお願い致します!

お会い出来るのを楽しみにしていまーす(^^)/


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://verandadiary0303.blog134.fc2.com/tb.php/165-6cee8289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

時代は、進んでるねぇ!! «  | BLOG TOP |  » 相棒のポジション確認

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

はじめまして、ハーメパパです。

玄関1

プロフィール

ハーメパパ

Author:ハーメパパ
ハーメパパの自己紹介
兵庫県在住、1966年生まれのオヤジ。
DUCATI「ポールスマート1000LE」に一目惚れ、21年のブランクを経て戻ってきました!(^^)v
街中を走って楽しいポールスマートの空冷2気筒エンジンは、サーキットでも楽しめるのか?
2011年の4月にサーキットデビューをした”PS”と”オッサン”の成長記録。

取り立てて自慢できるものはありませんが、カードゲームから釣り、バイク、マンガ、DIYなど、インドアからアウトドアまで幅広いジャンルを広く浅く楽しみます。

長男「ハーメくん」、次男「サトキチ」、「ママ」の4人家族♪

お天気

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

バイク (156)
家族 (8)
家 (5)
その他 (7)
未分類 (0)

ポチッと押して元気を下さい。

ポチッと、やる気をください。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。